30代で転職活動をしたSEの活動記です
35歳以上でも転職できる!(ただし条件がある)


転職は35歳以上になると難しくなると言われています。

企業側としては、なるべく年齢の若い人で実力がある人を採用したいと考えています。

なぜなら、若い人のほうが給料を安く設定できますし、これからの伸びしろもあるからです。

さらに、現場に配属する時に若い人のほうが受け入れやすいという事情もあります。

よっぽど優秀でリーダーシップもあり、引き抜きに近い形で入社した人なら別ですが、同僚として迎え入れる場合は年齢が下のほうが気楽なのです。

あれこれ教えるのもやりやすいし、一般的に年齢が若い人のほうが物覚えがいいからです。

そのため、35歳以上で転職をする場合、未経験分野への転職は相当困難が伴います。

転職先で、年下の先輩にあれこれ教えてもらう必要があります。自分は抵抗ないと思っていても、相手が抵抗あるかもしれません。

35歳上でも転職が成功するケースは、これまで培ってきた経験を存分に活かせるところへ行くことです。

それができれば、給料アップも可能でしょう。

私の場合は、業界他社のいわゆるライバル会社へ転職をしました。

同業界だったので、業界知識は豊富にあります。当然NDAに抵触するような情報は漏らせませんが。

年齢的にマネジメントを求められますが、その経験も前職で経験していたので、管理職待遇での転職となりました。

現場のみんなは最初、お手並み拝見といった感じでしたが、数ヶ月ほど一緒に仕事をするうちに双方の理解が進み、トラブルなくマネジメントができるようになりました。

人・もの・金のマネジメントは、細部は各社でやり方が異なるものの、考え方はどこに行っても変わりありません。

このように、前職の知識や経験を活かせるところであれば、35歳以上でも十分転職は可能だと思います。

=====Copyright ©2013 30代SEの転職活動記 All Rights Reserved.=====