30代で転職活動をしたSEの活動記です
システムエンジニアに求められるもの

システムエンジニア(SE)という職種は、非常に広範囲な仕事で使われます。

私が20代のころは、システムの要件定義や設計を行う人をシステムエンジニア、設計書に基づきコードを書く人をプログラマと呼んでいました。

しかし今ではその境が曖昧になってきています。SEでもコードは書きますし、PGでも設計書を書きます。

またキャリアパスのうえでも、以前はプログラマ⇒システムエンジニア⇒プロジェクトマネージャーといった道が王道でした。

今ではプログラミング経験が全くないSEという人も珍しくありません。

特に社内SEと呼ばれる人たちは、自社のシステム開発を直接自分たちでは行わずアウトソーシングする場合が多いので、コードを書いたことがない人もたくさんいます。

では、SEの人たちはこの先、どんな道が待っているのでしょうか。

まず一つは、プロジェクトマネージャー職に進む道。これは先ほども書きましたが王道パターンとして今後もあり続けるでしょう。

しかし、全員が全員、PM職に就けるわけではありません。

他に考えられる道としては、システム開発側からエンドユーザー側へ転職するという道。

最低限の業務知識はあるので、これまでの経験を活かすことができます。

ユーザー側へ転職して、これまで仕事を受注する立場から発注する立場になるという方法が考えられるでしょう。


=====Copyright ©2013 30代SEの転職活動記 All Rights Reserved.=====