30代で転職活動をしたSEの活動記です
30代の転職こそ、エージェントを活用すべし

30代で転職活動を行う場合、成功するパターンは次の2つがあると思います。

まず一つは、コネを使った入社。コネというとなんだかマイナスイメージがありますが、要は人脈を有効活用した転職です。

それまで取引のあった企業へ転職するというケースは非常に多いですし、私も何人か見てきました。

コネを使うメリットは、既にお互いの人となりを知っている点にあります。

人柄以外にも仕事が出来る人なのかも知っています。また仕事内容についてもそれほど認識のズレが発生しにくいでしょう。

中途採用をする場合、採用した人が現場に馴染めるか、現場の人たちとうまくやっていけるかという点が重要視されます。

そのため採用面接の時にも現場の責任者が同席するケースが増えてきています。

コネ入社で既に現場でやりとりをしている場合、この点のリスクがとても低くなります。

そのため会社としても採用しやすいと言えるでしょう。



次に成功するケースとしては、転職エージェントを活用した方法です。

これは30代に限らず、どの年代でも当てはまるかもしれませんが、エージェントというのは転職市場に関する知識量が半端ではありません。

職務経歴書1枚から、驚くほどの情報を読み取ることができ、マッチする企業を探しだしてくれます。

これは、自分で求人情報を検索して探すだけではなかなか得られない情報です。

言ってみれば、数ある求人情報の中から自分にマッチする求人の一次振り分けをしてくれるようなものです。

もちろん、自分で探して気になる求人を見つけたら、どんな会社かエージェントに聞くこともできます。

口コミの情報を参考にするよりも、複数人のエージェントに聞いてみたほうがよほど信頼のおける情報を入手できます。

また、30代の転職は厳しいと言いますが、それでも人手不足の会社というのは存在しています。

自分で検索するだけではその会社を見つけ出すのが難しいだけなのです。

そして受かる見込みの低い会社ばかりに応募して、落とされまくって気落ちするというのがよくあるパターンです。

20代のうちは、経験よりも将来性を買われるので成功する確率も高いですが、30代以降は確実に即戦力を求められます。

そのためミスマッチが発生しやすく、そのズレを見極めてくれるのが転職エージェントと言えるでしょう。

転職キックオフというサイトで、エージェントのメリット・デメリットを詳しく解説してあって参考になりました。

まずはこういったサイトで情報収集をしてみるのをおすすめします。

=====Copyright ©2013 30代SEの転職活動記 All Rights Reserved.=====